大会テーマ「南島、内なる現実、外からの幻想」

 日本映像学会の大会も今年で40回目を迎えることになりました。この節目の年に大会を当地で開催することになりまして、大変光栄に思い、実行委員会でも会員の皆様をお迎えできることを一同楽しみにしています。
 おそらく例年通りですと、沖縄も梅雨が明けているものと思います。この良き季節に南国の地で、「土地と映像」「ロケーションとイメージ」などという、映像としては(あるいは)根源的な問いについて考えてみたいと思います。
 重ねて、皆様の日頃からの研究成果を発表していただき、有意義な学会活動ができますことを心よりお祈りし、また心待ちにしております。
                                                                                  第40回大会実行委員会 委員長 仲本賢

■大会概要

●会期:2014年6月7日(土)、8日(日)大会
             6月9日(月)エクスカーション
※長い間お待たせいたしました。エクスカーションが決定いたしました。
時間:午前9時 沖縄県立芸大当蔵キャンパス集合 ~ 午後4時 空港解散
内容:沖縄本島南部地区映画CMロケ地巡り
参加費:4,000円
申込〆切:5月25日午後5時まで
参加人数は25名程を予定しています。人数に達し次第閉め切らせていただきます。また、20名を下回った場合は中止もございます。
※予定しておりました沖縄県立博物館・美術館は月曜日定休のため、ご覧いただくことが出来なくなりました。

●会場:沖縄県立芸術大学 首里当蔵キャンパス
     〒903-8602 沖縄県那覇市首里当蔵町1-4
     TEL: 098-882-5000(大学代表/教務学生課)
     TEL: 098-882-5072(デザイン専攻)
     FAX: 098-851-5156(デザイン専攻)
     E-mail:
         URL: http://www.okigei.ac.jp/

●大会参加費:会員 3,000円、一般 2,000円、大学生・大学院生 1,000円(非会員の場合に限ります)
・懇親会費 :5,000円
※申し込み未了の方は5月30日(木)まで
 

■日本映像学会第40回大会実行委員会

委員長   仲本  賢(美術工芸学部・デザイン専攻 教授)
副委員長 東  英児(与那原小学校情報教育対応支援員)
    委員 座波 嘉克(美術工芸学部・デザイン専攻 教授)
    委員 笹原 浩造(美術工芸学部・デザイン専攻 准教授)
    委員 喜屋武 盛也(美術工芸学部・芸術学専攻 准教授)
    委員 我如古 真子(美術工芸学部・デザイン専攻 助手)
    委員 北村 義典(美術工芸学部・デザイン専攻 教授)
    委員 崎濱 秀昌(美術工芸学部・デザイン専攻 教授)
    委員 赤嶺  雅(美術工芸学部・デザイン専攻 准教授)
    委員 翁長 洋子(美術工芸学部・デザイン専攻 講師)
    委員 又吉  浩(美術工芸学部・デザイン専攻 非常勤講師)

●大会実行委員会連絡先

〒903-0814 沖縄県那覇市首里崎山町4-212-1 
沖縄県立芸術大学 首里崎山キャンパス
委員長:仲本賢(なかもと・まさる)
tel: 098-882-5072(デザイン専攻)
fax: 098-851-5156(デザイン専攻)

■プログラム概要

●6月7日(土)
【プレ・イベント】
10:30-    参加受付開始      3階大講義室前
11:00-    大会記念上映会     3階大講義室
 「うんじゅぬ花道」(DVD20分)プレミア上映及び琉球舞踊(20分)
 挨拶:山城知佳子/砂川敦志・監督
 舞踊:神谷武史(組踊実演家)他7名

【記念講演・シンポジウム・研究発表・作品発表・作品上映】
13:00-13:10 開会の辞・開会校挨拶  3階大講義室
         北村義典 美術工芸学部長(予定)
13:10-14:00 記念公演        3階大講義室
 テーマ:「ロケーション支援の需要と可能性」
 出演:沖縄フィルムオフィス 中山睦美(予定)
14:10-16:00 シンポジウム      3階大講義室
 テーマ:
「南島、内なる現実、外からの幻想〜映像になった沖縄、内から外から」
 パネリスト:
○仲里効(美術評論/雑誌編集者)。
○宮平貴子   「アンを探して」監督/「カラカラ」製作(ガニオン監督)。
○波多野哲朗 「サルサとチャンプルー」(2007)、東京造形大学名誉教授。
○山城知佳子 ビデオ・アーティスト。「アーサ女」(2008)。
○砂川敦志 「うんじゅぬ花道」映画監督。
○名嘉山リサ 沖縄高専講師 映画研究、アメリカ研究。
○山里孫存 沖縄テレビ ドキュメンタリー多数。
○真喜屋力「パイナップル・ツアーズ」監督/「チェルシーの逆襲」監督。

16:10-16:40 研究発表・作品発表(1)  2階、3階講義室
16:50-17:20 研究発表・作品発表(2)  2階、3階講義室
17:30-18:00 研究発表・作品発表(3)  2階、3階講義室

18:30-20:00 懇親会(BBQ予定)  中庭


●6月8日(日)
【研究発表・作品発表・作品上映・総会・懇親会】
09:30-    参加受付開始      3階大講義室前
10:00-10:30 研究発表・作品発表(4) 2階、3階講義室
10:40-11:10 研究発表・作品発表(5) 2階、3階講義室
11:20-11:50 研究発表・作品発表(6) 2階、3階講義室

12:00-13:00 昼食/理事会      (302教室)
13:00-14:00 第41回通常総会     3階大講義室

14:10-14:40 研究発表・作品発表(7)2階、3階講義室
14:50-15:20 研究発表・作品発表(8)2階、3階講義室
15:30-16:00 研究発表・作品発表(9)2階、3階講義室
16:10-16:40 研究発表・作品発表(10)2階、3階講義室
16:50-17:20 研究発表・作品発表(11)2階、3階講義室
17:30-18:00 研究発表・作品発表(12)2階、3階講義室
18:10-18:40 研究発表・作品発表(13)2階、3階講義室

●6月9日(月)
【エクスカーション】
時間:午前9時30分から午後4時 沖縄県立芸大当蔵キャンパス集合&解散

9:30-      受付開始 首里当蔵キャンパス 正門前
10:00-11:50  沖縄KOZAフィルムオフィス ロケ地見学
12:00-13:00 昼食
13:00-15:00 沖縄KOZAフィルムオフィス ロケ地見学
16:00      那覇空港近くで解散

■会場所在地
沖縄県立芸術大学 首里当蔵キャンパス
〒903-8602 沖縄県那覇市首里当蔵町1-4
※本学はキャンパスが3つに別れています。会場は「首里当蔵キャンパス」ですのでお間違えのないようお気をつけ下さい。

●交通:モノレール利用の場合 http://www.yui-rail.co.jp/
◎那覇空港駅より首里駅まで約35分。
◎首里駅より徒歩約10分。

●交通:自動車利用の場合
◎那覇空港(那覇)より9.8km、約45分。
◎沖縄自動車道・那覇I.C.から約10分。

●交通:バス利用の場合
首里駅より徒歩約10分。「当蔵」バス停下車、徒歩1分。
◎那覇バス系統番号 [1]首里牧志線/ [17]石嶺(開南)線/ [46]糸満西原線/ [14]牧志開南循環線
◎沖縄バス系統番号[8]首里城下町線
詳しくはhttp://www.okigei.ac.jp/access/

モノレールについて
 沖縄都市モノレールは「ゆいレール」の愛称で親しまれる県内唯一の軌道交通(電車)です。ご宿泊はゆいレール沿いが便利であると思われます。

■宿泊案内
 ご宿泊は首里周辺、もしくはモノレール駅周辺がおすすめです。沖縄県立芸術大学首里当蔵キャンパスは、ゆいレール首里駅から徒歩10分です。タクシーご利用の場合は初乗り料金500円です。

首里近辺:
◎ホテル日航那覇グランドキャッスル
沖縄県那覇市首里山川町1-132-1
那覇空港よりタクシーで約25分。国際通りまで車で約15分。首里城まで徒歩約15分。
◎沖縄都ホテル
沖縄県那覇市松川40
那覇空港より車で約20分。 ゆいレール安里駅から車で約5分。 国際通りまで車で約5分。
※その他「日本映像学会 第40回大会 第3通信」に追加情報あり 

●大会実行委員会連絡先

〒903-0814 沖縄県那覇市首里崎山町4-212-1 
沖縄県立芸術大学 首里崎山キャンパス
tel: 098-882-5072(デザイン専攻)
fax: 098-851-5156(デザイン専攻)